UshirodaKobo DailyKaos       ウシロダ工房長の   "未来は僕らの手の中"な          Cult T-shirts Print Plant Blog


by ウシロダDeadbeats工房長

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

1月26日 シルクスクリーンのお話

おはようございます!ウシロダ工房長です!

ウシロダ工房では、最近、やっと自作製版に手を出したのですが、やっと、完璧なものになりました!(と、思います。)遅すぎましたよね、手を出すの。と、言う事で、完璧です!(と、思います。)


今まで、120メッシュと云うスクリーンを使ってました。太陽精機製のやつ、所謂Tシャツ君のやつですね。その120メッシュの『目開き』は、タイプ様々あるようですが、150~170μm。(※目開きとは、メッシュの穴の大きさの事)
そして、最近はじめた自作製版は、120メッシュもあるのですが、150メッシュも追加しました。これはなぜかと言うと、150メッシュの『目開きが』約120μm。120メッシュより30μmほど小さいんですね。目開きの間隔が小さければ小さいほど、原稿をより鮮明に製版できる!と云うことなのです。モザイクやピクセルに似た考え方ですね。でっかいサイズのモザイクって、訳分からないじゃないですか?小さいサイズのモザイクって、なんとなく、目を薄めたりしたら、大体雰囲気つかめたりするじゃないですか?そんなイメージです。小さければ

※こういう感じね。これはちょっと違うけども。イメージです。
b0160255_12135614.jpg


比較
120メッシュ: 150μm
150メッシュ: 120μm

ミリメートルに直すとたったの0.03mmなのですが、この違いは大きいのである!やってみて初めて分かる、この違い!と、言っても、今まで120メッシュだと、ちょい困難だったデザインも150メッシュだと楽ちんに抜ける、程度かもしれませんが。

しかし、同じシルクスクリーン屋さんでも感じ方や意見は違うと思うので(乳剤塗布膜厚や露光時間、光源の照度、原稿の厚みも違うと思いますからね)、様々だと思います。


それじゃあ、もっとハイメッシュを使えば更に微細なデザインに良いのでは!?と云うのがありますが、ところがどっこい、ウシロダ工房が愛用しております水性インクは150メッシュ付近が限界だというのであります。それ以上だと、油性インクじゃないと駄目なんだって!OH、ジイザス!(泣)
油性インクは手入れが大変だから(インク洗うのに溶剤使わないといけない)手を出しません!水性インクの方がプリントの風合い好きだし!


そんなに為にならない、スクリーンのお話!
続きは、「ウシロダ工房見学係」まで!

よし、今日もやります!
UKDK-13

[PR]
by usirodakobo | 2012-01-26 12:49 | 日記 | Comments(0)

カテゴリ

全体
日記
告知
ウシロダ工房
電子カタログ
ウシロダプリント
SABOTAGE HUSET
NON-PROFIT
CAN-KOOZIE
PUNK
長期連休のお知らせ
未分類

LINK

ブログパーツ

日銀基金

最新のコメント

いつも無地ボディ買ってる..
by C at 12:57
Cくん! 買収!?何で..
by usirodakobo at 21:26
おひさしぶり! 俺もア..
by C at 14:25
そうだよね、汗 気をつけ..
by usirodakobo at 13:12
大々的に書くと捕まるぞw
by koichiro_reject at 02:36

画像一覧