UshirodaKobo DailyKaos       ウシロダ工房長の   "未来は僕らの手の中"な          Cult T-shirts Print Plant Blog


by ウシロダDeadbeats工房長

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

12月14日③ テスト結果

まずは、塗布テスト。以下のようなテストマトリックス。裏側からまず塗布する。そして、上下反対片方、両方。そして表面にも同じ様なマトリックス。全ての塗布向きでテストを実施する。そして、2cmほどずつ、露光時間を変える。8、6、4、3、2分の5条件。
b0160255_232372.jpg


テストパターンはこれを使用。ウシロダ工房特別パターン。ちょっと線が太すぎた。細い線は1mm。太い線は5mm。細い線を0.5mmにすれば尚良かった。
b0160255_2325337.jpg


結果、全てにおいて露光不足だった。8分でもパターン崩れ。時間が全く足りていない。塗布によるばらつきは判断が付かない。実践で確認する事にする。一先ずではあるが、塗布5を採用する。
b0160255_23386.jpg


テスト2。前途の塗布5を採用し、露光時間を倍以上から下へ2分ずつ。18、16、14、12、10分の5条件。
b0160255_2332349.jpg


結果。10分でもまだパターン崩れが発生。12分できれいに抜けた。しかし、全体を見ると現像後の乳剤の色が異なっているのが分かる。14分辺りから色が濃くなってきており、10分~12分は同じ様な薄めの色。よって、14分が露光時間の下限。15、6分が安定的な露光が行える"最適露光時間"である。この事より、一先ず16分に設定する。
b0160255_2333883.jpg



以上、テスト結果であったが、不十分な部分が多い。塗布のバラツキ、塗布後の乾燥との相関。今回は急なテストであった為、ドライヤーでの乾燥を実施。よって、乾燥熱による"熱感光"はあるのか、ないのか。

次なる課題は、
・露光時間の短縮(露光機の再調整:光源位置を上昇させる。光源下部に反射板を付ける。)
・塗布膜厚のバラツキ検証、バラツキの安定化。
・乾燥時間と露光時間、パターン抜けの相関を検証
・他メーカー品の検証。コストダウン、露光時間短縮等の効率UP化。(一先ずこれは後回しだ。)


よーし、次のテストのマトリックスも浮かんだぞ。この手のテストならお任せあれ!完璧に条件出しします!でも、テストばっかりじゃあ、次に進むのが遅くなっちゃうから、実践も交えながら、テストを進めて行く。露光時間16分はちょっと長すぎるな。せめて10分以下にしたいものだ。

誰でも"初め"はある。このときに必要なスローガンが2つある!「失敗は成功の素」、「NEVER GIVE UP」である!そしてその、「初め」の部分をいかに短い期間にするかは、このテストの内容で決まる!

自分の力で未来への道を"モーゼの十戒"の様に切り開く!!ウシロダ工房です!!


しかし、手荒れが酷い・・・(泣)

今日は、遅くまでがんばりました。なれない作業は疲れます。明日も沢山がんばらないといけないことが山の様にあります。なんせ、チヒロ/BDHが1000人が届きましたから。(い、い、要らね~・・・汗)

[PR]
by usirodakobo | 2011-12-14 23:40 | ウシロダ工房 | Comments(0)

カテゴリ

全体
日記
告知
ウシロダ工房
電子カタログ
ウシロダプリント
SABOTAGE HUSET
NON-PROFIT
CAN-KOOZIE
PUNK
長期連休のお知らせ
未分類

LINK

ブログパーツ

日銀基金

最新のコメント

はーい!ありがとうござい..
by usirodakobo at 09:52
生存確認(笑)も兼ねて時..
by ゆう at 11:02
いつも無地ボディ買ってる..
by C at 12:57
Cくん! 買収!?何で..
by usirodakobo at 21:26
おひさしぶり! 俺もア..
by C at 14:25

画像一覧